ロフト・ドールハウス計画

 

パンは100均マグネット。おいしそー。彼らの頭部(髪型)も100均樹脂粘土。

家具を少しずつそろえている。衣装もチェンジ。虚しいが楽しい。

 

昔からどうぶつの森で部屋を作ったりハボホテルで部屋作ったり、

ちまちました物を揃えて愛でることが好きで、本物のドールハウスを作ることが夢の一つでした。

ゲームを作っていてマップを作るのも楽しいのだけど、その楽しさと通じるものがあり

家具集めにハマってしまった。家具だけだとさみしかったので人形も作ってよかった。

 

7月に、東亜重工の合成人間(ついに買った)が届く予定なんですが、

彼とこの家具はどう考えても合わないからな……。

いつも優しい顔でニコニコしているミオ人形を見ていると癒される。

 

続きは相変わらずゲームのことです。。

 

続きを読む >>

パン1探索システム

 

拍手ありがとうございます!一週間に1回くらいしかなかったのに、最近は

3日に1回くらい頂いているので、毎日拍手を確認するようにしています。

嬉しいしありがたい。同じ人だったら、いつも同じ画像が出るのは申し訳ないので久しく変えていなかった

お礼画像を変えようと思っている(現在は仮のゲームスクショ)そのうち何か描いて差し替えます。

 

ゲームはもう大分後半にさしかかり、冷凍睡眠シェルターの探索編を作っています。

冷凍睡眠理論(?)の元ネタになった既存の技術についての事や、

ビッ〇先生が使っているブレインマシンや、共感覚、第六感みたいなSFっぽい話も

ここに来てやっと語ることが出来ました。

 

標題のパン1探索について。当初は全裸の予定でしたが、諸々の問題があり断念。

(※別にシステムでも何でもない)

 

話の流れの中で、キャラを脱がせたり、マヌケな目に遭うエピソードをどうにか入れたいと

思っていました。そこに女性ウケや、狙った感は醸さずに如何に自然にそのシチュエーションに

持っていくか試行錯誤が楽しかった。

 

ただし、全裸にした場合、大抵の場合下半身を隠すための道具を探す事が

探索の第一ミッションになるわけだが、やるならそういう、ゲームのテンポ的に

無駄ともいえる行為を一切挟まずやりたかった。

 

続きを読む >>

エンタメ

デモ版の更新するする詐欺マン……。

だって、人様のゲームが面白すぎて……。

 

 

拍手を沢山ありがとうございました!!

これだけデモ版を遊んでいただいて、感想までいただいて……

作る側としてはとっくに満たされています。幸せだ。。

 

幸せだが、

客観性を忘れないよう作っていきたい。

 

今回の更新は日が開いただけあって濃くなる(?)予定です。

しょもいアニメや絵を増やした他、微妙だ…と思っていた所を色々なおしました。

おまけ部屋のラジオ局(?)を開放します。ゾンビ温泉と同じようなやっつけネタです

 

現在話のクライマックスの”4日目”の話にとりかかろうとしています。。

まだ出来ていないんかい。4日間を通して、シュンリがガラッと人が

変わるとかは無いんですが、だんだんと150年前の感覚や人格を取り戻していき、

遊んでいる人の印象は180度変わると思います。どこを削るべきか、語るべきか

色々悩んだすえ現在の形になって、割と冗長な話になった部分もあるので、

そこは次にシナリオを作る時の課題にしようと思います。

 

目指したのはエンタメ。

 

話は三幕構成にみられる展開を踏襲しつつ作ったが、今作に至っては

あまり活かしきれていない。

 

で、その”冗長だな”と感じる部分を如何に表現するかが考えて居て楽しいけど難しい所。。

”読み物”として作りたかったわけじゃないが、結果的に、部分的にゲームと読み物的な中間とった

作になっているかもしれない。その部分を遊んでいる人は退屈だと思うかもしれない。

ほんとここは課題としか言いようがない。

 

 

 

この件に関する描写も色々手を加えようと思ってます。。

ああなってしまったことに邪悪な意図はなく、事故が重なったという所。

幼シュンリはクソ悪ガキですが、別に邪悪なガキではない。

 

 

以下、わたしが気にしながら作っている所覚書


 

続きを読む >>

続きにスクショのせました。

前に投稿した、「死の舞踏」を弾いているシーン。

下に降りてくるミンを喪服にした。

 

 

Twitterで、なんとなしに使ったハッシュタグ。2,3件反応があったら嬉しいと思っていたら

わたしが想像していた10倍くらい反応が得られて、ビビりまくって夜しか眠れない事態に

 

だけど、遊んだことあるゲームの作者さんと繋がれたのは嬉しい。

が、Twitterの呟き量は、超減ると思います/(^o^)\

 

創作活動とは本来孤独な作業のはずだ。時代は変わったが……。

ちょっとまた、Twitterとの付き合い方を考えなくてはいけない。

 

 

 

伊藤潤二「血玉樹」の吸血鬼の兄さん

伊藤氏の描く美男美女が大好きだ。とくにこの話は、まさにお耽美ホラーだった

 

メンヘラ野郎の透はこの兄さんがモデル。

透の元カノのユマは、この兄さんの作り話に出てくる女性がモデルです

 

絵柄を伊藤氏の絵に寄せたい。

続きを読む >>

ピアノ。

線画↑描いてる途中で誤って線画部分を消してしまったため変になっています

 

久しぶりに1枚絵をUPしました。ボツでずっと放置していたものです。

もっといい構図が描けると思っていたんですが、結局思ったものが描けなくてあれを採用しました。

ピアノを弾いている絵なのに鍵盤や手がろくに描けない構図。もう少し、ピアノの名画とか検索して

勉強してから描こうとすればよかった。あと、光の入れ方が迷走しまくってます。

カーテンと壁紙の色、とても悩みました。二人の服装はだらっとした部屋着のイメージです。

着色バージョンでは、ミンが婚約指輪と黄色いオパールのネックレスをつけています

元々は左手をあげていない図でしたが、あまりにピアノ弾いてる感が無いので変えましたが

アクセサリーをさりげなく描けたので良かったです。

 

美形キャラがピアノを弾いてるとか、どう考えても絵になる/(^o^)\

 

 

ダナwww

他の二人は感心するのに、一人だけつっかかるのが彼女らしい。

 

この回を皮切りにピアノが登場していきます。

ピアノといえばハネケ映画に「ピアニスト」という作品があるんですが、

あの映画のパッケージにあるような、”ラブシーンのパロディ”的なものはやってみたいです。

 

きれいな光景だけでなくゲロ吐くようなシーンの1枚絵も描きたい

続きを読む >>

結構進んだ

 

何か所かミオと一緒に行動するイベントがある。

 

序盤にいくつか伏線はあって、1日目以降に回収されていく構成なんですが

1日目の様子がなんかモヤっとしているのは、ただなんとなく巻き込まれたり

お願いを聞いたりというパターンで、主人公が動く動機が低いからです

 

普通物語は主人公の強い目的だとか動機でもって動くもの。


 

続きを読む >>

ストーリーの構成( ;´Д`)

コイントスの話

 

先日のバージョンアップから、演出面に変化はつけてます

次の更新ではストーリーの肝になる、コインを投げて選択したという事が

プレイヤーに伝わりやすい演出と文章を加えようと思う。

会話ウィンドウや、選択肢にコインが出てくるのは

コインというアイテムを際立たせようとやってます。

あと、セーブポイントの箱。奴は箱に入る物ならなんでも入れるし

大切なものはなんでもそれに入ると信じている。


 

続きを読む >>

デモ版更新ver.1.06

 

皆様に感想やバグ見つけていただいたおかげで久しぶりにバージョンアップ出来ました。

今回は前回の少し先まで遊べます。まだ中途半端な部分が多いですが(;´Д`)

 

オマケコーナーに追加が無い代わりに、1階に設置されていた電話から

荷物を取り寄せる合言葉を公開します!ちなみに、前回のデモ版にその合言葉を入れても

イベントは起こりませんのでご了承ください。

 

以下、ヤフーボックスのDLページに飛びます。

 

■DL

https://yahoo.jp/box/FdpUED

 

 

ゲームはたぶん80%くらい出来ています

そのうち完成版のテストプレーヤーを募集したいと思います!!

その時はよろしくお願いします。

 

続きに、前回デモ版をDLして下さった方で、最初からやるのはキツい方向けの

直前イベントからのセーブデータも配布いたします。

 

続きを読む >>

トイレ要素

 

http://e.misty.fem.jp/?eid=215

 

2018年お正月漫談を、毎年書いてるのでUPしてました。

今年で5年目です誰得コーナー。続けて読むと面白いかもしれない。

 

テトゥル村に探偵さんが来ました。(歩行グラは仮です)

シュンリにある場所へ連れていかれ……(どう見てもトイレです)

 

しかし妙な主人公である。感情移入の余地が無い……のか?

 

 

小言


 

続きを読む >>

ゲーム制作の事

 

拍手ありがとうございます!!(*´Д`)

続きからお返事させて頂きました!

 

 

ゲーム制作のこと

 

毎日楽しく作っています!右の部屋にやっと洗濯機が……。あと、どうにかパティオっぽくなりました。

ゲームの間取りはほぼ無計画に作ったからな。。折角設定資料とか昔大量に作っていたのにそれを

ゲームで再現する技術は無かった。ゲームではリビングにキッチンがそのままついています。

しかし、元の設定ではもっと奥まった場所に位置していて、間取りもこんなんじゃない

でもゲームの間取りの方が、たとえば朝起きて下に降りたらみんなが居て顔を合わせ

イベントが起るということが自然に出来るんで、都合が良かったみたいです。

今、あの1階の部屋を最初から作るとしたらもう少し設定に寄せて作ると思います。

本当に脳内を再現するには自作が一番だろうけど、そのセンスが無い事はわかっているんでやらない。

というか、ゲームを作っている中で、ゲームのこの空間の方が、元あった設定より優位になっていく

感じがする。音と、動きが加わるという効果は凄まじい。

 

 

続きを読む >>