結構進んだ

 

何か所かミオと一緒に行動するイベントがある。

 

序盤にいくつか伏線はあって、1日目以降に回収されていく構成なんですが

1日目の様子がなんかモヤっとしているのは、ただなんとなく巻き込まれたり

お願いを聞いたりというパターンで、主人公が動く動機が低いからです

 

普通物語は主人公の強い目的だとか動機でもって動くもの。


 

 

1日目のテーマは、シュンリの欠落感。

なんの動機も目的も彼が感じて生きていないということ。あるのはすけべ心のみ

本人はそれがおかしい事というのが冷凍睡眠の後遺症で病識が無いのかわかっていない。

ダナに指摘されて初めてハッとする。

伝わりにくいので、この辺の描写はあれから色々手を加え中。

もっと、ちゃんと登場人物たちが置かれている状況や

心理状態を丁寧に書きたい。これもゲーム作りに余裕が出て来てやっと気付いた事だ。

 

動機めいたイベント発生は、2日目以降過去と現在の回想による葛藤が盛んになる中で

ハッキリ書きます。

 

 

スポンサーサイト